CDプレスは用途によって選ぶ

大量のCDを作成しなければならないときには、一枚ずつ作成するよりも業者に依頼をしてCDプレスをしてもらったほうが安く早く作ることができます。そして、用途に合わせて、バルクにしたりパッケージをつけたりできます。もちろん、バルクのほうが単品なので無料で配るなどの販売促進用にするのであればそちらのほうがメリットがあります。そして、販売をするのであればジャケットもいっしょに作ったりして、パッケージングまでしてもらえるのでそちらのほうが製品として成り立ちます。金額としては、ジャケットも作成して、500枚作るのであれば45000円ほどで作れます。一度の注文で大量に作成したほうが安くできます。初めてのCDプレスの時にはスタンパーと呼ばれる原版を作るので費用が掛かりますが、それでも次回からはその分が掛からないので安く作成ができます。

CDプレスとは特徴的なこととして

CDプレスとは、特徴的なこととしては、安定性があります。コピーでの量産の場合、再生機器によっての不適合がいくらか出てしまうことがあります。それに劣化する側面もあります。そこがCDプレスよりもコピーのほうが劣っている部分です。但し、プレスの納期が長いです。コピーと比べるとどうしても長くなりますから、そこも問題になることがあります。プレスの場合、機械の質や多さにもよりますが、数百枚であっても、二週間は見る必要があります。これは結構な日数であると言えます。コピーにもよいところがありますが、余裕があるならば、プレスにしたほうがよいです。コピーよりは良いところが多いからであり、企業が製品とするCDであれば、プレスのほうが確実にメリットが沢山あります。費用と納期次第ではありますが、まずは選択肢に入ります。

CDプレスとはいくつもありますが

CDプレスとは、いくつも業者があります。そうした作業をしてくれるところがあるわけです。これには当然ですが、結構な費用になります。安く済ませたいのであれば、コピーのほうがよいです。それでも製品として売るのであれば、基本的にはプレスのほうが質がよいのでお勧めできます。プレスの特徴的なこととしては、データは書き込まれているわけではない、という点です。データをCDに物理的に刻むことになります。データ面に対して物理的な損傷がない限りはデータが消えることがない、という大きなメリットがあるわけです。そうした意味でもお勧め出来る要素が強い作り方でもあります。大量に作るのであれば、プレスの方がよいのは安定しているからです。コピーは再生機によっての相性などが出る場合があります。それは非常にリスクがありますから、プレスの方がよいわけです。

一つの商品を2名の専任営業担当・制作進行担当でフォロー。お電話での対応も万全です。 注文履歴はもちろんのこと、ご支給いただいたマスター/データは無料にて保管致します。 CDプレスDVDプレス激安パック数、業界ナンバーワン!豊富な種類から納得のパックが必ず見つかります。 定期的に会員様対象キャンペーンを実施致します。 センスの光るデザインで感動の仕上がりを提供します! CDプレスならプラチナ・ディスクに